天才的手法で他を圧倒するブルゴーニュ最高峰ドメーヌ、ポンソ

ドメーヌ・ポンソは、1872年、モレ・サン・ドニにあるワイナリーをウィリアム・ポンソ氏が買い取ったことに端を発するドメーヌ。1932年には当時まだブルゴーニュでは珍しかったドメーヌ元詰めをいち早く始めた先駆け的存在として一目を置かれ、3代目となるジャン・マリー氏は、最大の所有であるクロ・ド・ラ・ロッシュの畑からマサル・セレクションによって、現在のブルゴーニュの畑の大半で使われる高品質なクローンを選抜。これが現在ブルゴーニュで広く用いられているディジョン・クローンの113、114、115、667などで、ブルゴーニュで栽培される80%のピノ・ノワールはポンソに起源を持つと言われています。

1981年からはジャン・マリー氏の息子ローラン氏がドメーヌを運営。彼は温度センサー付きラベルや独自に開発した合成コルクの採用、雹害防止ロケットの使用など、革新的な技術を取り入れ、ワインの品質を向上させます。また、偽造ワインの摘発にも注力し、ワインケースの温度や保管状況をモニターするインテリジェント・ケースやICタグを利用し、ボトルの真正性やトレイサビリティを確保しました。ローラン氏は2017年に息子と共に新たなネゴシアン「ローラン・ポンソ」を立ち上げドメーヌを去りましたが、現在も彼の妹ロゼ・マリー女史(写真)が中心となり、代々受け継がれてきたポンソのスタイルを維持し続けています。

ドメーヌ・ポンソの魅力は何と言っても所有する畑の数々。設立当初からクロ・ド・ラ・ロッシュに加えて、クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ヴージョといった、珠玉の特級畑を所有し、2009年にはコルトン、コルトン・シャルルマーニュ、コルトン・ブレッサンド、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、2010年にはモンラッシェを新たにリリースし、そのラインナップはさらに豪華なものとなっています。

また、モレ・サン・ドニにある幻のキュヴェ、「モン・リュイザン」を造っていることでも有名です。モン・リュイザンとは、アリゴテ80%以上で極少量のみ造られる貴重な白ワインであり、コート・ドールで唯一、アリゴテを使うことを許されているプルミエ・クリュ。畑の斜面上部にある1911年から大切に守られてきた古樹のアリゴテから造られるワインは、通常のアリゴテのイメージとはかけ離れた、複雑で深みのある味わいが特徴です。

こうした珠玉のラインナップや高い品質から、2017年には英国の高級ワインプラットフォームLiv-exの「パワー100」において6位、ブルゴーニュではDRCに次いでの2位を獲得しました。この「パワー100」とは、その年に取り引きされたワインをブランドでグループ化し、価格、取り引きの実績、数量、平均価格などに基づいて定めたランキング。ボルドーの第一級シャトーを初めとする最高峰ワイナリーがトップに名を連ねるこのランキングにおいて、見事6位を獲得したドメーヌ・ポンソはまさにブルゴーニュ最高峰の造り手と言っても過言ではありません。

ポンソが最も大切にしていることは、デリケートさ、エレガンス、フィネスの表現。それを実践するために、栽培に関しては自然派ワインというジャンルが生まれるはるか前の1977年から、化学薬品を使用せずビオロジックともビオディナミとも異なるアプローチの自然栽培を行ってきました。グリーン・ハーベストに頼らない剪定による収量制限も行っており、収穫量は15hl/haと超低収量。これは、ロマネ・コンティの収量を下回る少なさです。収穫はコート・ド・ニュイで最も遅く、全て手作業によって収穫し、選果は必ずブドウ畑で行います。

醸造に関しては「決まりのないことが決まり」というスタイル。ヴィンテージごとにブドウの状態は異なるため、除梗の実施有無、ピジャージュの頻度など、その年に応じて最良の方法を選択しています。熟成には、古樽を使用。新樽では木目が粗く熟成の進行が早いため、最低でも5年以上経った樽を使用し、30ヵ月という長期熟成を基本とします。またSO2の不使用も以前から実施しています。こうした地道な作業から生まれるワインは、ブドウ本来のエキスと旨みが強く、透明感のある仕上がり。このピュアな味わいがポンソの最大の魅力なのです。


グラン・クリュのみを所有する稀有なドメーヌ、ボノー・デュ・マルトレイ

非常に古くからの歴史を誇る、ドメーヌ・ボノー・デュ・マルトレイ。1855年に出版された書物の中に、シャルルマーニュ皇帝が所有していた70ha余りのコルトンの白ブドウオーナーの1人として、ボノー家の名前が挙がっているほどです。1966年、前当主であるジャン・シャルル・ル・ボー・ド・ラ・モリニエール伯爵の父が、かつてボノー家が所有していた11haの畑を相続。1994年より2017年4月まで前当主モニエール伯爵がドメーヌの指揮をとっていました。

ボノー・デュ・マルトレイが所有する畑の総面積11haのうち、コルトン・シャルルマーニュが9ha、コルトンが2ha。特級畑のみを手掛ける偉大な造り手です。ブルゴーニュの生産者の中でも特級畑のみを所有するのは、このボノー・デュ・マルトレイだけであり、一目置かれている所以のひとつでもあります。

2017年1月、このボノー・デュ・マルトレイがカリフォルニア・カルトワインの代表格スクリーミング・イーグルのオーナーに買収されるという衝撃的なニュースが発表されました。当時の当主であったモリ二エール伯爵はフランスのメディアに対して「最も重要なのは、ドメーヌの品位とアイデンティティが保たれること。」と語っており、2017年4月にドメーヌを去るまで当主としてワイン造りに携わっていました。

ボノー・デュ・マルトレイが所有するコルトン・シャルルマーニュの一部の畑は、かつて中世の時代にヨーロッパ全土を治めた偉大な王、カール大帝が所有していた畑と言われています。

現在この畑には、一部新たに植樹したものを除き、樹齢40~60年のブドウが植えられています。西向きの急斜面に位置するこの畑は、粘土が全く含まれない石灰質土壌でできており、この土地で育ったブドウからは凝縮したミネラルを持ったワインが造られます。またこの畑は、夕方遅くまで陽が当たり、日照時間に非常に恵まれているのも特徴。長い日照時間を得ることで光合成が有利に働き、光を十分に浴びてしっかりと育ったブドウは、ワインにフィネスや力強さをもたらします。

このカール大帝が所有していた類稀なるテロワールこそが、ボノー・デュ・マルトレイのワインのポテンシャルを高めているといっても過言ではありません。

前当主であったモリ二エール伯爵が大切にしていたことは、畑の周りの環境を良好に保つことです。土壌の開墾には、馬を用いるより土地にも人にも負担のかからない耕作として、特殊な小型のトラクターを使用。そして良いブドウを育てるために畑や土壌だけではなく、あらゆる動物や昆虫、植物の健康を保ち、グローバルシステムを整備することが大切と考えていたため、実際に、ボノー・デュ・マルトレイの丘には樹木が生い茂り、様々な動物や昆虫による生態系が保たれ、コルトンの丘全体の環境を整えています。そして樹木の根には十分な保水力があるがゆえに、2003年のような乾燥した暑い年であっても、ブドウへの水分補給は十分に行うことができました。

モリ二エール伯爵のレガシーは現在でも受け継がれています。「樽の香りはワインそのものの味わいを覆い隠す」との考えから、新樽比率は3分の1程度に留めています。また、その新樽にも数年に渡る研究の結果見つけた、品格がありエレガントな特徴を出すことができるオーク材を使用。コルトン・シャルルマーニュに大切なのは「酸とミネラル」というのがモリ二エール伯爵の信条であり、糖度より酸度を重視することで長期熟成にも耐えうるワインが造られました。伯爵曰く、理想的な白ワインのイメージは「Light Better than Heat(灼熱よりもそっと照らす明かり)」とのこと。派手さはなくともじっくりと向き合うことで開花するワインのポテンシャルは、忍耐力のある者のみがその真価に触れることができると言われています。

1本のブドウ樹から約5房を手摘みで収穫。ブドウは100%除梗し、さらに「ヴィンテージの善し悪しに関わらず年間180樽以上は造らない」というボノー・デュ・マルトレイの徹底主義が、ボノー・デュ・マルトレイのワインを芸術品とも言うべき最高の品質に高めています。このように、一貫してテロワールや自然の力を尊重した結果、まるでテロワールそのものを味わうかのような溢れんばかりのミネラルを備えた、引き締まったタイトなスタイルのコルトン・シャルルマーニュが生み出されたのです。


レ・ザムルーズを含む7haの畑を所有しつつも、残念ながら2012年ヴィンテージをもってワイン生産を終えたドメーヌ、ベルナール・セルヴォー

ドメーヌ・セルヴォーは、モレ サン ドニに本拠地を置き、シャンボール ミュジニーの一級畑レ・ザムルーズを含む7haの畑を所有する4世代続く生産者です。 1973年からジャン・ルイ・セルヴォーが当主としてワインを造りだしていましたが、2012年がラストヴィンテージとなりました。今後は数年後をめどに息子のヴァンサンが、後を継ぎワインをリリースしていく予定です。

ブドウは全て手摘みで収穫します。所有する僅か7ha畑でリュット・レゾネ(減農薬農法)で栽培し、手摘みで収穫したブドウは完全除梗後に低温浸漬。18-22ヶ月間オーク樽にて熟成させ出荷します。ただ、その生産量はすべて合わせても、1200ケースほどの少量とまさに希少品。18-22ヶ月、樽熟成を行います。

1973年より当主を務めるジャン・ルイ・セルヴォー氏の体調を理由に年々元詰めの割合が減っていましたが、残念ながら2012年ヴィンテージをもってワイン生産が終了しました。マット・クレーマーは、自身の著作で「わたしにはモレ・サン・ドニ最高の、そしてブルゴーニュ有数の造り手と思える。」と絶賛。セラーに保管された過去のヴィンテージはほとんどなく、もはや伝説のドメーヌともいえる存在です。